Chan Cafe

chanpoke.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

勇気がわいてくる?

もう9時だっていうのに、Chance以外に誰もいない我が家。
AYAは、トモダチと富士急ハイランド。今は帰路途中でごはんとか。
わたしもお腹すいたな~。でも、ひとりじゃな~。
せっかくおいしいご飯つくったから
「おいし~、おいし~」って食べたい。
Chanceのおざぶを占領してヒーターの前で本を読んでいたら、
「ちょっと、おどきなさい」攻撃をうけて、手はひっかき傷だらけ。

Cocoonには相当大きな紀伊国屋書店があって、あっちフラフラこっちフラフラと
かなりの時間がつぶせる。 というか帰りたくない気分。
昨日は、おそるべし量の立ち読みをしてしまったと思う。 買い物もしたけどね。
探していた本があったのだが、題名も出版社もわからない。
検索コーナーで検索したら500件ほどヒットした。だめか・・・。
と思いきやさすがのパートナー、書店の人にあれこれ説明して
ついに「勇気がわいてくる世界の名言」たる本を見つけ出してくれた。
今のわたしには、どうしても必要と思ったのだろう。ありがたい。
自分の場合、勇気はいつも湧き出でているのだけれどね。

不言の言を聞く  荘子     か。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2005-02-28 21:17 | my groooovy days | Comments(0)

そとごはん

おひるごはんは、Cocoonのレストランで。
おいしそうなレストランがたくさんで何をいただこうか・・・。
「黒ゴマ坦々麺かぁ~。Sounds Good!」と
中国家常菜 紅虎餃子房 というチャイニーズレストランへ。
中国、行ったことないのだけれど・・・混み合って人の話し声が絡み合う店内、
とても華奢な椅子とテーブル、very Chineseな音楽、がちゃがちゃと食器が
触れ合うにぎやかな音などなど。多分、たぶん中国の食堂はこんな感じだろうと
まわるテーブル中華とはまた違った醍醐味を味わった。
もちろん、主役の黒ゴマ坦々麺は絶品。 経験したことのない香りと味に満足。
看板メニューの棒餃子もお勧め。
今度は、AYAも連れて行く。

実は、今日は4人のお姫様たちに家をあけわたしたのだ。
好きなもの作って食べて、ビデオ鑑賞会してずいぶんと
楽しめたようなので、今日はお互いにHAPPY DAY♪
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2005-02-27 21:33 | yumpoke | Comments(0)

The phantom of the Opera

「オペラ座の怪人」に連れて行ってもらった。
今日の劇場は、さいたま新都心のCocoon。
12の劇場は、最近できたばかりでとても快適。
何より、観たい映画だったもの・・・。
最初から、最後までぞくぞくしていた。 わたしだけかな?
奇人の天才ファントムの失恋に涙ぽろり・・・。 これもわたしだけかな?
キャスティング、すばらしかったです。
それぞれのエピソードを読めば納得。 
わたしがアレコレいうことではありません。はい。

驚いたこと:
ヒロインを演じたエミーロッサムは、AYAよりひとつだけお姉さんだということ。
ブラボー!

わかったこと:
自分は、18世紀頃の白いひらひらブラウスの似合う巻き毛の貴公子が大好き?
だということ。

むか~し、観たアマデウスの華やかさと
タイタニックのアートがコラボしちゃったような
特殊な構成に拍手!!
このDVDは、買うことにしよっと♪
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2005-02-27 21:19 | my groooovy days | Comments(0)

The Twins

咲いた、咲いた。  
麗しの胡蝶蘭。

c0054954_033037.jpg
c0054954_035018.jpg


世界らん展2005 2/19~27
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2005-02-27 00:05 | my groooovy days | Comments(0)

Carrefour

「カルフールに行きたいな~」と朝からネットを見ていたら、
幕張へ連れて行ってくれた。
欲しい食材のうれしい誘惑にカートにあれも、これも・・・・。
ベジマイトも売ってたよ。
英語の授業に一度、文化の勉強をと思ってベジマイトを使って
生徒たちがすごい顔になっちゃて教室がパニックになった事を思い出した。
パトリック先生は、「人間の食べ物じゃないって」言ってたっけ。
そうね、私は食べないもん。

世界の食材を手に入れた後に、オレンジハウスへ
私たちの目に留まったのがこれ
c0054954_0224630.jpgビタントニオの
ワッフル&ホットサンドメーカー
目下我が家では恐ろしく原始的な
ホットサンドメーカーを使用の為・・・
「あ、これ買い!」

c0054954_023491.jpg明日、AYAのお友だちが3人遊びにくるので、早速焼いてみた。
理由をつけて一刻も早く使いたかったのだ。
あ~、カフェに出てくるみたいなワッフルの出来上がりだ。
これには、ツナサラダが合いそうね。
楽しみ♪楽しみ♪
それと大好物のマフィンの本を購入。

「おいし~い」物を作るのは、なんて楽しいんだろう。
***********************************
とても大切なこと・・・
Chanceが我が家にやってきて3年目記念日。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2005-02-26 23:50 | my groooovy days | Comments(0)

汝、DOG ? 

小さなこどもが転んだとき、ママと目が合うまで泣かない。
ママに「大丈夫?」尋ねられると・・・え~ん。
なんだろうこの心理。 わかったよ。

会社から帰ると、いつものようにChanceしかいなかった。
彼女のお帰りなさいの挨拶に涙が後から後からでてきた。
「ここに帰ってくればもう大丈夫さ」
そんな風にささやいてくれているようだった。
余計に涙がとまらない。 
君がいてくれてありがとう。
ほんとうにほんとうにありがとう。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2005-02-25 20:28 | my groooovy days | Comments(0)

ちょっとずつ、ちょっとずつ

Chance~!
やるじゃ~ん。
ディスク、ドロップできるようになったぁ。 キャッチはできないけど・・・・。

ディスク購入後、3日間シランプリ。
4日目 鼻に引っ掛けて遊びだす。 数箇所のピアス発見・・・とほほ。
5日目 ディスクが着地してから取りに行く。取ってくるが断固として渡さない。
     (ドロップしない)
6日目 飛ばす前から着地点目指して走り出すが、落ちてから拾ってくる。
     (投げ手にも多少の責任あり)。もって帰ってきて、放り投げる。
     (持って来てやった!の態度)・・・・ま、いいか。

ドロップできるようになったというより、早くご褒美がほしいだけなのだ。
それでも、母さんは良いと思う。
だって、進歩してるものね。 進捗状況は、個性だもの。
ちょっとずつ、ちょっとずつ楽しもうね♪
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2005-02-25 19:36 | chanpoke | Comments(0)

shell♪ shell♪

ずっと欲しくて買ったのに1ヶ月以上眠っていた
マドレーヌのシェル型。
思ったとおりのかわいらしいマドレーヌがたくさんできた♪
レシピはいろいろあったけど、
やっぱり半量を強力粉にしたのは正解。
レモンをいれるつもりだったのだけれど、ぼっ~としていて
バニラオイルをいれちゃった。
かぞくの評判は上々。 うん、今日も満足のチャン母なり。

c0054954_22372176.jpgシェル型16個分
全卵   100g
さとう    80g
はちみつ  大1
バニラオイル
小麦粉(強力粉 50g、薄力粉 50g)
ベーキングパウダー  小1/6
バター    90g


   (手作りのケーキとクッキー 女子栄養大学出版部  大里敏子さんの配分)
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2005-02-24 22:36 | yumpoke | Comments(0)

debut

母しゃんのあんな声ははじめてきいた。 おどってた。
AYAちんが第一志望の学校に入れたときよりすごかった。
やっぱり、母しゃんはアタチのほうが・・・かわいい。
きょうは、いつもよりすごくいっぱいキッスされて・・・。 いつもすごいけど。
アタチの写真が「いぬのえいが」のパンフレットに載ることが
決まったお知らせがきたんだって。
c0054954_22225892.jpg
この写真がでるんだけど・・・・母しゃん、

c0054954_22233891.jpgアタチがこのくらい小さくなっちゃっても
いっぱい、いっぱい、ハグしてキッスしてくれるよね?
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2005-02-23 22:31 | chanpoke | Comments(0)

ズッコケ ひーろー

子どもの頃、いわゆるよい子の部類だった。
品行方正とまでは言わないけれど、先生受けのする子だったと思う。
その私が小学6年生のとき、一度だけ親が学校へ
呼び出される事件を起こした事がある。

クラスにいつもひとりぼっちの女の子がいた。
特にともだちも作らずに休み時間になると外を眺めている子だった。
クラスの悪ガキグループのターゲットになって、くだらないいじめをうけていた。
あの頃のいじめは、今ほど悪質なものではなかったと思うがいじめはいじめだ。
ある日、階段の踊り場でその子がいつもの悪がきに囲われておびえていた。
私は、たまらなくなってその中のリーダー格の男の子にランドセルごと
体当たりして、ふたりとも階段から転がって落ちた。
そのあとのことは、よく覚えていないのだが親同士が
何回も何回も頭をさげていた事が鮮明に記憶に残っている。
その事件の後も、その女の子は何もなかったように
休み時間になるとひとりぼっちで外を眺めていた。
わたしと口をきくこともなかった。
いじめだけが終わった。

30年経っても相変わらずバカな自分がここにいる。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2005-02-23 22:13 | my groooovy days | Comments(0)