Chan Cafe

chanpoke.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

Nov. 30 2006



成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである


W.チャーチル



相当、根性いるわね。   チャーチルさん。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2006-11-30 23:13 | my groooovy days | Comments(0)

真昼のつき

朝から強い雨が降って、ほどなく陽がそそいで

また雨が降って、晴れ上がって・・・

せわしい天気の今日です。

晴れ上がった空に真昼のつきを見つけました。

シャイな感じをうけるのは、自分だけでしょうかねぇ。

似ている気がするんですね、とっても。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2006-11-30 15:31 | my groooovy days | Comments(0)

いつもの♪

c0054954_19452360.jpg

柿の効用


奈良 法隆寺の近所に住む叔父からいつもの富有柿が届きました。

手のひらにのりきらないほどの大きな柿ですが、

黒砂糖、米酢栽培という方法で、堅くてもしっかり甘い柿がいただけます。

落葉した枝に鈴なりの朱の柿の実。

今頃は法隆寺の鐘の音を聞きながら、秋の古都に彩りをそえていることでしょう。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2006-11-29 19:45 | yumpoke | Comments(0)

ここへ行きたい

ニュースの中継で見たのですが、京都実相院の床もみじ。

燃え立つような紅葉したもみじが、磨き上げられた床に映る様。

ため息が出ましたわ。

どなたか実際にご覧になった方は、いらっしゃいますか?
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2006-11-28 23:42 | tabipoke | Comments(0)

dog書の秋

読みたいと思った本をAmazonで注文。

犬もゆったり育てよう 「ぼんやり犬」養成講座    藤門 弘

この本は、WANブログで紹介されている方が多く以前から興味があったので。
違う意味では、ぼんやり犬なのだけれど・・・・。


犬の話   角川書店

思わず微笑む話、うなづける話、鼻がつ~んとなる話満載とか・・・。


犬の行動学       エーベルハルト トルムラー

ローレンツ博士のお弟子さんの著書ということで・・。
日本と外国では、犬と人とのカンケイ、スタンスが多少ちがっているようなので
そういう知識も学んでおこう!! 程度に。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2006-11-28 12:59 | chanpoke | Comments(2)

エスパー

chanceは、このごろ随分と風格がでてきて・・・。

5歳になろうとしている熟年の香りですか?

「ビーグルは、やんちゃだけど、1年も過ぎれば落ち着く」説を

4年余り覆しつづけ、特濃の個性を炸裂させつづけたお嬢さん。

あまり物分りが良くなると、まぁ、身勝手な話ですが、物足りないような。


昨日は、私はずいぶんと長い時間彼女と向かい合って座っておりました。

・・・そんなことができるようになったんですねぇ。・・・ミラクル!

彼女のきれいな瞳は、じっと私を見つめておりました。

私も彼女を見つめておりました。

エスパーで会話しているようなそんな気さえしたのです。

中年の女性同士の大人の内緒話でございます(笑)



「さっき買ってきた、『牛乳たっぷりカルシウムのカルボーン』早く出してよ!!」

熱視線だったような気もしないでもなかったのですが・・・ね。


いずれにしても、そんなまったりした午後が過ごせるようになったこと

たいへん嬉しく思っております。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2006-11-27 12:41 | chanpoke | Comments(4)

ありがとうがいいたくて

昨日、古い書類などを処分するために片付けていてみつけたのが

4年ほど前にayaの通う中学校で広報委員をやっていたころの

取材資料の山。  いろいろな思い出に浸ってながめていたのですが、

その年度の最後に発行した広報で担当したちいさな特集。

「今、あなたがありがとうを伝えたい人に30文字の感謝の言葉を添えてください」

というアンケートを全校生徒対象に実施しました。

ありがとうを伝える対象者は、

先生、親、友達、先輩、後輩、その他 から選択。

この企画、多感でありまた反抗期をもむかえているだろう今の

子どもたちがどんなことを考えているのか

ちょっぴり知りたくて企画したものなのですが、

ふたをあけてみると結構な回収率。

うれしいことにきちんと文章がかかれていて

さらにうれしかったことは・・・

ほとんどの子どもが

対象者を親として

「ありがとう」の言葉をつづっているのですね。

・いつも見守っていてくれてありがとう。
・反抗ばかりしてごめんね。 いつもありがとう。
・生んでくれてありがとう
・言葉に出していえないけれど感謝しています。ありがとう。

などなど、 思いが詰め込まれた子ども達のメッセージを
読んでいて胸がいっぱいになり目頭が熱くになったことを思い出します。

正直、うれしかったのです。
すべてのメッセージを掲載することはできなかったのですが
PTAの皆様には、この暖かな結果をお伝えすることができました。

子どもたちは、親をみています。
だって、何よりの存在なのですもの。

理屈なんてありませんそれがすべて。

生まれてきてくれてありがとう。



ありがとうを伝えたい大切な誰かが誰にでも

存在することを心から願いますね。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2006-11-27 01:52 | my groooovy days | Comments(0)

second opinion

的を得ない話だった。

『投薬療法でこのまま様子を見るか? 切除してしまうか?

もし、腫瘍であって切除するなら早い方がいいし。

それは私にも決められないし、オーナーさんにも決められないし・・・。』

なんだそれ?

何であるかも特定されてないのに、切除のはなし?

『オペをするとしたら、患部が鼻の下なので大きく取り除くとすると

どうしてもお顔の形がくずれます・・・。』

ああ、もうやめて頂戴。  もう、たくさんだわ~。

そこで、「院長先生を出して頂戴!なんですか?先生」といいよる

勇気は、私にはなく化膿をさける薬をもらって帰ってきたものの

一緒にいたayaも???「何言ってるんだか、さっぱりわからなかった・・・」

今まで、chanceが生まれてからずっとお世話になってきた病院ですが

大きい病院なのでどうしても、先生がうまくあたらないようになってしまってきた。

ここで、思い切って病院変えてみましょうか?   という話に。

来週になって、治癒方向に向わなかったらセカンドオピニオンもらいに

他の病院行こう。

動物病院さがしだ・・・・・。




へこむなぁ。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2006-11-24 22:30 | chanpoke | Comments(4)

ちょっと反省

普段の散歩では、散歩中にたびたびストライキをおこす彼女だが

昨日の外苑散歩は、驚くほど機嫌よく歩いて歩いて歩きまくった。

途中たくさんの方に声をかけていただいて、尻尾をブンブン振り回しご挨拶。

相当お疲れのようで、車に乗ったとたんに私のひざの上にやっきて

バタンzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

車が、うちの近くに辿り着くまで剥製のように寝ていた。

車に乗っていても近所の感覚ってわかるのかなぁ。

必ず起き上がって、辺りをみまわして「おっ!着いたか!!!」みたいに興奮する。

家の中にいれると自らハウスにはいってごろり。

あ~、やっぱり注射もうっているし、しんどいんだなぁ。

私たちの夕食後、ハウスからでてきてまた抱っこをリクエスト。

またすぐに微動もせずに深い眠りに・・・。

赤ちゃんを抱くように体をひっくりかえしても

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

疲れちゃったわねぇ。 ごめんね。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2006-11-24 12:25 | chanpoke | Comments(0)

Tokyo さんぽ   -わたしのすきな場所-

神宮外苑。

野球好きの父につれられて、幼い頃はたびたび球場に足を運んだものです。
もちろん、野球など楽しいはずもない私と弟は外野席にまわって
どちらが早く両親をみつけて戻ることができるか??
なんて遊びをしていたものですが。

子どもの頃にみた「絵画館」は、キングコングがはいつくばっているような
そんな印象がありました。 見えませんか?
c0054954_2050675.jpg

絵画館正面から、まっすぐにのびる街路樹がかの有名なイチョウ並木。
c0054954_20524274.jpg

今年は、ずいぶんと気温が高くて近所のイチョウもなかなか黄葉しなかったのですが
このところの低温続きで、ようよう黄色が見えてきたので思い立って出かけました。
ちょうど「いちょうまつり」の真っ只中で、たいへんな人の波。
五分ほどの黄葉でしょうか。
もちろん落ち葉は、ほとんどなくかすかに銀杏の香りがプ~ン。
本当はね、こがね色のじゅうたんが敷きつめた人もまばらな並木路を
ひなたぼっこしながら、ゆっくりと歩きたかったのですが。
10日ほど、早かったかしらね。
c0054954_211949.jpg
c0054954_2124911.jpg

信濃町経由で、外苑を一周。
千駄ヶ谷には、10年ほど通い続けた英語学校があります。
授業の後ににスケートに行ったり、テニスの壁うちに行ったり
水泳を楽しんだり。 この美しい都会には、思い出がたくさんあるのです。
月日の移り変わりをしばし楽しんでいる間にすっかり日は暮れて
スタート地点にもどったときには、まぶしすぎるほどにライトアップされた
絵画館が出迎えてくれました。
2時間ほどでしたが、心落ち着く散歩道を楽しみました。

c0054954_233275.jpg

[PR]
by beagle_lovers1130 | 2006-11-23 20:33 | chanpoke | Comments(1)