Chan Cafe

chanpoke.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 41 )   > この月の画像一覧

just arrived!!

母の知人に女の子の赤ちゃんが誕生したとかで、
贈り物にクマの親子のぬいぐるみを頼まれておりました。
ボディを作ってから、体調を崩したので本日ようやくドレスアップできました。
c0054954_15343783.jpg


今回のテーマは、「ピンクPINKぴんく」かな。
ラッピングも思い切りピンクにしてみました。

さて・・・・・
このぬいぐるみ、今までにいろいろな方に差し上げているのでありますが・・・・。
ひとつ気がかりなことが・・・・・。
お子さんが、くまは、二足歩行する・・・なんて思いやしないかと・・・・。

ま、ミッキーマウスなんてキャラもありますから、深くは考えませんが(笑)

さあ、君たち、お姫様に笑顔をたくさんプレゼントしてちょうだいね。
いってらっしゃい。
c0054954_15404930.jpg

[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-04-30 15:41 | monopoke | Comments(0)

the QUEEN

God save the Queen!

エンドロールで浮かんだ言葉。

THE QUEEN
近所の映画館では上映しないので、浦和美園まで遠征。

25年ほどまえになるでしょうか。
当時私と同い年だったダイアナさんは、イギリス王室のプリンセスとなりました。
これ、自分にとっても衝撃でしたね。
そう、今のAYAの年と同じですもの・・。
10年前にあのような最後を遂げることになるとは、夢にも思いませんでした。
王室にはなじめなかったように聞きますが、王妃として、民のための活動
平和活動など惜しみない努力や活動をされていたことにメディアを通して
いつも感心していました。 (ダイアナフリークの一人でした。)

さて、このお話。
ブレア首相就任直後に起きたこの大事件。
伝統と民の意見、首相の助言、そんな様々な葛藤のなかで
女王が見せる素顔、強さ、弱さ、宿命。
伝統と格式の中で、君臨してきた女王としての威厳。
ブレア氏の葛藤。 国民への思い、女王への思いやり。
お互いに違った立場での采配は、お見事。
これブレア氏ではなくて、サッチャー女史であったら、
また、展開は大きく違ったのだろうか??などと
要らぬ心配をオバサンは、してしまうのですが・・・。
すべてがきれいにはきだされた映画のように感じました。
どこまでがフィクションかは、べつとしてね。
(クィーンが車を飛ばして行きたい所へ行ったり、バービーの席で
お皿をならべたりしている場面は、親近感がわきましたけど・・・。)

それにしても女王役のへレンミレン息を呑むほどエリザベス女王そっくり。
お目通りいただいたこともありませんし、話す言葉はスピーチしか
聞いたことありませんけど・・・・。
ブレア首相訳のマイケルシーンもそっくりでしたがね。
でも、ヘレンミレンは、この映画でアカデミー賞主演女優賞獲得の女史ですから。
納得の演技でした。
シアターを出た後、背筋をのばして歩きたくなりました。


お・ま・け

上映前のBGMね、プッチーニの「誰も寝てはならぬ」。
前評どおりの面白くない映画なのかなぁ?って
不安になるから・・・・(笑)
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-04-29 17:17 | cinepoke | Comments(0)

chibi-kuro-sambo

再診のために皮膚科へ。
土曜日ということもあって、診療時間前の9時前に診察券をいれたものの
診察室に呼ばれたのは、10時半を廻ってから。
腫れは、ほとんど元通りにひいたのだが、瞼と首筋にかゆみが残っているため
内服薬は、さらに1週間。 やれやれ・・・・。

さて、今日は病院での待合室でのお話。
長時間待ちの覚悟で、新聞を持っていったのだけれども
案の定隅から隅まで読破。
でもね、私が新聞を読む傍らで聞き覚えのあるお話を子供たちに
読み聞かせるやさしくてきれいなお母さんの声が聞こえ始めたの。

おかあさんの名は、マンボ・・・・
おとうさんの名は、ジャンボ・・・・

差別問題で一時は、絶版になった「ちびくろさんぼ」のおはなし。
我が家には、ayaが生まれたときにお祝いにいただいた岩波の1冊がある。

買ってもらったばかりの、赤い上着をジャングルのいばりやトラにあげちゃうんだ・・。
そうそうつぎに、青いズボン、紫色のくつ、かさも・・・・

私の耳は、完全に子どもたちと一緒に見知らぬおかあさんのもとへ。

いばりやどうしのとらたちがあらそって・・・・
そうそう
ぐる・るるるるるるるるるるるるるるってまわっているうちにとけてバターになっちゃうの・・・
そのバターをつかって、まんぼがパンケーキをつくって・・・

私は、やさしいおかあさんの話をさきまわりしながらひとりたのしんでいた。

あいにく、パンケーキは食べたくならなかったけど。
なぜなら、今朝の朝食がパンケーキでしたから(笑)。

でも、いいなぁ。
ゲーム機じゃなくて、お母さんのそばで本を読んでもらえるこどもたち。
これが本来の姿だとおもうのですけどね。
お母さん、お父さん、子どものそばにいてあげられるときくらい
携帯に夢中になるのではなくて、お話したり、本を読んであげたりしてほしいな。  
むか~し、そうしてコミュニケしてきたマンボからのおねがい~。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-04-28 22:25 | my groooovy days | Comments(2)

Much better than EIGOZUKE

c0054954_21433825.jpg

DSを持っていることさえ、忘れるほど、お留守になっておりました。
所詮、この手のモノは、自分にはあわない?

でもでも、本日入手しましたこちら『TOEIC TEST』で、再燃かな?
何せ、家族みんながライバルですから(笑)

『えいご漬け』より、成績がシビアにでますしね。
動作も良いし、気に入りました。また、しばらく脳にゆさぶりをかけます。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-04-28 21:43 | monopoke | Comments(0)

It's automatic

おつかいにいった。
「なおちゃん、お手伝いかい?」って八百屋のおじさんが
新聞紙に包んだ野菜を買い物かごにいれてくれながら
お駄賃のバナナをくれた。
お釣りは、天井からつってある籠の中からじゃりじゃり出てくるんだ。

そんな時代がありました。

車の給油に行きました。
随分前から、セルフスタンドを使っていましたが、
精算の際は、チェッカーの人とのやりとりがありました。
昨日は、いつもとちがうところ。
すべて、タッチパネル操作。
支払い方法から始まって、ガソリンの種類、給油量すべてです。
5000円札を機械に食べさせて、満タンボタンを押したのはいいけど・・・。
「金額が不足したらどうなるんだろう??」などと思いながら
給油を続けていると、4851円で満タン。
「あら、私、なかなかやるじゃない・・・・。」なんて感心していたのもつかの間。
レシートがでてきて、つり銭はつり銭専用の機械で処理するようにとの指示。
はいはい。
あれですね。
機械の前に立つと表示ウィンドウに所定の位置にレシートのバーコードを
挿入するようにとの指示。
はいはい。 これね。
赤い読み取り光線の下にバーコードをかざすと
返却口にチャリリンと149円のおつり。
「ありがとうございました。」の電子声。

事足りています。 たしかに。
巨大なガソリンスタンドでどのピットにも車がはいって
みんなが黙々とガソリンを給油しているのです。
不思議な光景です。
自販機で飲み物を買ったり、切符を買ったりするのと
行為としてはおなじではあるのだけれども
無機質に感じるのは何なのだろう??

ひとつ思ったのは、給油をするということは危険物取り扱いですよね。
カンタンな操作ではありますが、みんな素人です。
オートマ化しているとはいえ、スタンド内には客が正しい方法で
給油しているか見てくれるスタッフがもう少しいてくれると安心。
安心感と給油時の緊張感を促してくれるロボットではないもの
やはり必要ではないかと思うのであります。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-04-27 12:45 | monopoke | Comments(0)

見えていなかったもの

話すことは・・・・苦手かな。  うまくないから。
(ブログに立ち寄ってくださる皆さんは、この文章からお見通しでしょう。)
どちらかというと聞き手にまわっているほうが好きです。

私とは対象にayaは、話すことが得意です。
表情も豊かなので聞き手は、ぐんぐんひき込まれていく感じです。

さて、私は昨日、思いもよらぬ告白を彼女から受けました。

友達といるとどんどん話題が湧いてきて、話したくなる。
・・・・話が止まらないという表現の方が正しいらしい。
ここまではよいのですが、人の話を最後まで聞いていられないときがあると。
それが、いつのまにか話し方で人を圧倒してしまっていることに気づいたこと。
聞き手にまわるのが不得意なのですね。

ああ、と思いました。
ひとりっこの大きな落とし穴に私はそのとき気づいたのです。
兄弟がいれば、お父さんもお母さんも独り占めできません。
一人が話しているときに、自分が話したいことがあっても待っていなければならない。
でも、彼女はいつだって私を相手に好きなだけ話をすることが出来たわけです。
さらに悪いことに私が、聞くばかり・・・。
それが彼女のとまらぬ話術の源のなってしまったのでしょうかね?
悪いことだとは思いません人前で自分の考えをしっかりと表現できると言うことは、
この上なく素晴らしいことだとは思います。
しかしながらこの先社会に出てからの事を思うと
ここらで軌道修正すべきところを(みつけたわけですから)意識して直してみては?
と夕べは、助言したのではありますが、いままで気がつかなかった私としては、
彼女の見えていなかったところがあったというところにいささか懸念があるのです。

これ、忍耐がないというのとは、また違うようです。
彼女のがまん強さは、良くも悪くも筋金いりですから。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-04-26 22:28 | ayapoke | Comments(0)

見てみたいもの

さてさて、スッピン出勤も二日目と相成りました。
仕事あるゆえの行為、どうぞみなさまお許しくださいませ。
化けたとて、たいしたことのない顔ではございますが、
お見苦しい点は、みなさまのそのあたたかな心の中にそっとしまって
いただくとしまして、治療に専念いたしたいと思いますm(__)m。

このたび、変わりゆく自分の顔を観察するのに普段あまり見ない鏡を
何度も何度ものぞきこんだのでありますが、
「もしかして、これ、わたしじゃないんじゃないか??」などと夢うつつな
たわけ事なども浮かんできたわけです。
自分の顔というものは、鏡のお世話にならないとどうにも見ることができない。
私たちは、自分の体の多くの部分を自分で確かめることができるのに
顔だけは・・どんなに目玉をうごかしたって鼻先がみえるのが関の山。

ああ、見てみたい。 見てみたい。

そんなことを思うのです。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-04-25 12:34 | my groooovy days | Comments(0)

旋律に酔う

c0054954_20142667.jpg

注文しておいたCDが届きました。
このシリーズは、どうしても手が出てしまう。
アーティストが、おなじみですから安心して聴けるのかなぁ。
今回のアルバムも、秀逸の作品がめじろ押し。
お酒の飲めない私をほんのり良い気分にしてくれる1枚です。

shall we dance?
image6
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-04-24 20:14 | monopoke | Comments(0)

アートだね

c0054954_23514817.jpg

ケンマ草。
毎年、必ず顔を見せてくれるのだけれど、
不思議な形だ。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-04-23 23:51 | Comments(0)

ありがたきは

具合が悪くなると、いつも思う。

次に目覚めるときには、何かがかわっていますようにと。

おかげさまで、大病を患ったことのない私にとって今までで一番つらかったのは、

7ヶ月続いた「つわり」以外には、なかったのではありますが。

今朝、目覚めると視界が開けていた。

部屋に鏡を置かぬ私は、携帯電話にそっと手を伸ばしカメラで自分を覗いてみる。

「だめだ・・・・。」

手で、顔を撫でると昨日とかわらぬざらざら・・・。

家族は、あいかわらず気の毒そうな表情をうかべるし・・・。

職場に欠勤を連絡して、病院へ。

記憶になかったのだが、6年ほど前に同じような症状で来院していることを

先生から知らされて、当時と同じ処方をしてもらう。

あれ? 私、結構顔の皮敏感なんだ? 態度、大きいけど・・・・。

外部と内部からのステロイド療法。

短期間で少量を用いるので、副作用の心配はないとのことだが、

食欲がでて、眠くなる・・・って、すごい・・・・。

今回の原因は、体が疲れていることも起因したらしい。

たしかに・・・。  この何週間かは、精神的にも体力的にも我慢、我慢の

連続だったし。  よい意味でもっと楽をさがそう。

自分を守ることさえもできないのは、今あるすべての地位において

失格なのだから。

ありがたきは、健康。   まずは、ここから。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-04-23 18:50 | medipoke | Comments(4)