Chan Cafe

chanpoke.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今日のおしごと

昨日、今日、急激に気温が下がりました。
11月下旬の気温だったとか?ホント?

金曜日は、30度越えで気分が悪くなるほど暑かったのに。

風邪ひきさん、いらっしゃいませんか?
どうぞ、みなさん、ご自愛くださいませ。

さて、10月になるわけですが、
学生さんたちは、衣替え。
白を基調にした夏服から、冬服に変わると妙にみんなが
大人びて、ちょっとうれしいようなはずかしいような不思議な
気分になったことを思い出しました。

今日は、雨だったのですが、この気温です。
肌寒さをしのげるものを出さなくてはと
衣替えのいらないchanceに邪魔されながらも、
なんとか衣服の入れ替えをしました。
大物は、お天気のいい日にいたしましょう。
まぁ、たいした衣装持ちでもないのでございますが、そこそこ・・・・。
最近は、ayaと兼用の衣類が増えておりまして(彼女も、20歳になりますから)、
楽しみ2倍というところでしょうか。
女親にとって、女の子は、大きくなっても誠に楽しい。
教わることもたくさんありますしね。

さて、タンスの中もすっかり秋支度万端です。
大好きな季節の到来を歓迎して、

食欲? 芸術? スポーツ? 
楽しむことにいたしましょう。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-09-30 21:41 | my groooovy days

my favorite things

ルールその1 自分の仕事は、完璧に・・・・・・yes!

ルールその2 甘えている自分は、嫌い・・・・・yes!

ルールその3 妥協はしない・・・・・・・・・・・・・・yes!

ルールその4 泣くときは、ひとりで・・・・・・・・・yes!

それが、正しいと信じていた。
彼らに出会うまでは・・・。

幸せのレシピ

私の大好きなもので埋め尽くされていた映画でした。

そして、うなずくことでいっぱい。

身近を感じる映画ですよ。  ☆☆☆☆☆  
どうぞ映画館で、じ~んとしてください。



ああ、今年は、おいしいシェフの映画、2本目だなぁ。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-09-29 23:18 | cinepoke

cool (・ω・;)

c0054954_13481324.jpg

サーティワンアイスクリームを買った。

ハロウィンキャンペーン中だということでスクラッチくじを二本。
一枚は、はずれ。
もう一枚は、これが当たった。
ボールペンだそうだ。

どうやって使えというのだ?
くじ運は、皆無に近いが、
いらないものほどあたるのか?

よくをかかない

今後の教訓にいたしましょう。

ayaが喜んだので・・・良しとしましょうか・・・。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-09-29 13:48 | chanpoke

至福の明

極上のおつきさまにおめにかかるたびに

地球の住人であることに感謝。

体に浴びる月明かりは、

しっとりしっとり沁みるよう。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-09-27 23:53 | monopoke

人材派遣考

そうか・・・。

頭数がそろっても、仕事が出来ない人だと

作業がはかどらない・・・。

派遣会社にクレームの電話をしていました。

なかなかねぇ。。。。。

人件費高いんですもの・・・当然。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-09-27 15:18 | my groooovy days

たまごっち・・・いらないっちっち

テレビのCMで、『たまごっち』のDSソフトが発売になったのをみて・・・。

「『たまごっち』ねぇ・・・。買わなかったわねぇ・・・。」

ayaが小学校3,4年生の頃でしたか・・・・。
クラスの大半の子が持っていた。
子どもがよく口にする「みんなもってるから・・・・。」が満更嘘ではないくらい。

機械の中で、動物を育てるなんて、ナンセンスだと思った。
死んでしまったら、
「あ~あ、死んじゃった・・・。また最初からか・・・・。」
これ、教育的ではないとわたしたちは、親として思った。
なにをはぐくむ為のゲームなのか???

「親が、いけないというのだからいけないものだと思っていた。」本日の本人説。
「いちいち説明するのも面倒だから、『買ってもらえない。』とだけいっておいた。
たぶん、お金がなくて買ってもらえないと思われてたと思うよ(笑)。」

当時は、ともだちに
「買ってもらえないのかわいそうだね。」とか
「遊ばせてあげるから、うちに遊びにおいで。」とか
声をかけてもらっていたそうだ(T_T)

それでも、彼女がなんともなかったのは
(100%ではないとおもうけれど・・・こどもだもん。)
もっと楽しいことがたくさんあったから。
食事の後には家族団欒。
テレビをみたり、ビデオを観たりして、わたしたちは、とにかく良く話した。
ayaの言語や表現力が小さい頃からずば抜けて秀でていたのは、
(ayaちゃんの話すことは、むずかしくてよくわからないとよく言われていた・・・。)
対話が多かったこと、本をたくさん読み聞かせた事と私たち両親は、自負している。
想像の世界を楽しんだり、妄想?にふけったり・・・。
大きな声で、歌を歌ったり♪
ayaが、成長する過程でわたしに一度も反抗的な態度をみせなかったのは、
いつも親子が、そのままの姿で生きてきたからなのかと今改めて思う。

親だからととりつくろうことはない。
会話が、成立するようになったらとにかく話すこと。
理解してもらおうとかそういうことではなくて、自分をさらけだすこと
これが、親子なかよしの秘訣かな・・・とおもうのです。

いかかがでしょう?  ayaさん?


そうだ、思い出したのだけど・・・。
小学校のお母さんの話し合いの席で、子どもから預かっているという
『たまごっち』を一生懸命に操作している母がいた。
殺してしまったら、子どもから叱られるのだといっていた・・・。
世も末だ・・・狂気の域だと思った。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-09-27 12:52 | my groooovy days

信用・・・連鎖

今日は、10人の派遣社員をお願いしてあったのだが、
3人がいわゆるドタキャン。
作業を完遂するのに必要な人数を依頼していた企業側は、痛手だ。
人材が間に合いませんでした・・・って、納期遅れにできるはずがない。

人材会社の方も補充人員の都合がつかず、謝るばかり・・・。

聞くところによると、派遣として登録している人のなかには、
ひとりで何社もの登録をしていて、日給がよいところへ動くという。
疑いたくはないのだが、今回のドタキャンの原因はそこにありそう・・・・。

ダブルブッキングを防ぐ為にも、人材会社同士の提携が必要と
素人考えでは思うのだけれども、人材獲得も競争ですものね。
ただ、お互いの信用を失わない為にもある程度の連携は、あっていただきたい。

一番大事なのは、そこに登録している本人自身の意思のだけどなぁ。
人として・・・ね。  

それにしても10人中3人の損失は、痛い・・・。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-09-26 12:43 | my groooovy days

shock

ayaのゆでたまごみたいな顔にchanceがかみついた。

夕べ、布団の上に寝てしまったchanceを移動させようと手を出した

一瞬の出来事だった。

右こめかみのあたりに3ミリ角ほどで、L字型に陥没。

出血があり、消毒を施してテープでつなげた。

腫れがあったので、アイシングをし、痛み止めを飲ませた。

今朝は、腫れも引いて傷口は、乾いていたのだが、チョッと心配。

今日は、どうしてもゼミをはずせないということで通学したが、

具合がわるいようなら大学前の病院で診てもらうことも考慮してある。


自己防衛本能がでるのね。

どんなにおとなしいって信じていても。

よそのお子さんに噛み付いたのでなくて良かった・・・

うちのたまご肌でも困るが・・・跡はずっと残るだろう・・。

今回の事は、教訓か警告として真摯にうけとめたい。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-09-25 12:55 | chanpoke

miss potter

ミス ポター

最初から、最後まで

涙が止まらなかった映画。

すべて違う感情で流した涙です。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-09-24 23:43 | cinepoke

おとなが動物園  番外

目的は、ポター資料館だったのですが、
なんといっても所在が、動物園でございますから・・・
周りを見渡せば、ちいさなお子さんを連れた家族連れか
カップルしか見当たりません。
天気が悪かったせいか、経営不振?なのか人もまばらでしたが・・。

一人園内をふらふらと闊歩するわたくしは、
きっとカメラで注意人物として捕らえられていたかもしれません(笑)。

みなさんは、カピバラという動物をご存知でしょうか?
数年前、確か保険会社か何かのCMで温泉につかる
彼らを見て、初めて知ったのですが・・・そのときは、なんだか
ほのぼのとした動物なのだなぁという印象をうけたのですが。
昨日は、いささか状況が違ったようでして。
カビパラ舎には、わたしたったひとり。
出入り口は、まるで動物の脱出を防止するようなドッグランでみる2重ドア。
その奥には重厚な鎖のカーテンがきっちりとぶらさがっている・・・。
そして「口に注意!!」の看板。
は? 柵の外に出てくる可能性あるんですかぁ???
それでもって、柵の向こう側のカピバラさんたちは、
c0054954_13175047.jpg

こんな目つきで、全員わたしをみつめているのですねぇ(コワッ!)。
一番大きなカピバラは、chanceの3,4倍はありましたわ。
しばらく私たちのにらめっこは続いていたのですが、一番大きなカピバラが
私のほうへ向って歩み寄り始めたとたんにすべてのカピバラが一斉に
こちらに向って動き出したので一抹の不安を覚え、足早に舎を後にしました。
世界最大のネズミだそうで・・・やはりちょっとゴメンナサイでした。
(写真のブレに余裕のなさが明確にでております。)

他にもオセアニアの動物たちを覗いてまいりましたが、
仕事か研究でないかぎり、動物園は連れがあるほうがおもしろいでしょう。


この動物園、交通の便を除けば立地条件は良いと思います。
それぞれの動物の舎も工夫を凝らしてありますし、
こどもたちがどうぶつにふれあえるコーナーには、様々な動物が
放し飼いにしてあります。 

やぎや羊が、「ヴェ~、ヴェ~♪」と啼くことや、
豚が、地面を鼻で掘りながらあるいて「ヒコヒコ」いっているところや
ワライカワセミが、ほんとうに笑うように鳴くことをしることができます。

始終、子どもたちに追われて触れられて動物たちは、ストレス過多に
なっているであろうことも否めませんが・・・・。
かまい過ぎてはいけないことを教えるのも教育かな。

(ワンワンふれあいコーナーと言うセクションで、子どもに抱きかかえられ
放しになっているワンを憂いたわたしですが・・・・。犬に触れたり抱いたり
することを商売にしているのは、どうかと思いますが・・・。)

動物園の存在そのものが、動物愛護の視点から決して100%の賛同を
得られるものではないと思うのですが、絶滅危機にある動物の保護や研究
繁殖に力を入れる機関としての役割を推進しながら、これからの動物園の
存在価値を考えていただきたいと思ったのでした。

以上、おとながひとり動物園リポート・・・おしまい。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2007-09-24 12:43 | tabipoke