Chan Cafe

chanpoke.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

おいしかったもの

ままかりの酢漬け
315円

成城石井
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2010-10-31 18:53 | 未分類 | Comments(0)

言葉遣いは

普段から、きちんと話すことを心がけていれば、
どんなときにも対応できます。

いいおとなが、
「やばい」
などと容易に使っていれば品位が疑われます。

尊敬語、謙譲語の誤った使い方もよろしくありません。

品格は、お口の中から香ります(^-^)
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2010-10-30 19:18 | 未分類 | Comments(0)

ゴッホのスープ?

c0054954_191254.jpg

soup stock tokyo


展覧会をご覧になる前に行かれたほうがお得です。
割引券をくばってますから。

わたしは、知らなかったので・・・・・。


ゴッホのたまねぎのスープ、とてもおいしかったです。

ストウブ鍋でつくってみようと思います。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2010-10-30 01:09 | yumpoke | Comments(0)

六本木ヒルズから

c0054954_16235862.jpg

とうにせいたかのっぽは
抜かれちゃったけど
わたしは、こっちが
すきだなあ(^.^)
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2010-10-29 16:23 | 未分類 | Comments(0)

nice to feel you

c0054954_141154.jpg

ゴッホ展にやってきました。
平日の美術館は、絵を近くからも遠くからも観ることができてすてきです。

今回は、平井堅さんがゴッホを描いた曲「太陽」が効果的に使われていて、
涙が幾度も溢れそうになりました。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2010-10-29 14:01 | 未分類 | Comments(0)

get well together

全快かな?

何事もなかったようにいつものchanceが私にべったりとついて歩いてくる。

もう、すっかり元の彼女にもどっている。



彼女の元気がないと心臓がきゅっと締め付けられる。

ここが、こんな風に苦しいの・・・。痛いのよ・・・。

という声が聞けたらどんな良いかと具合が悪くなる度に思う。



昨日、2週間ぶりに散歩に出た。

彼女の行きたい方向へゆっくり進みながら様子をうかがう。

ビーグルなのにスレンダーな脚がリズミカルに歩幅を進めるが

お尻の筋肉のあたりをみていると、年をとったなぁ・・:・と思う。

「あら、おかあさんもよ・・・。」

なんて、立ち止まり振り返るその視線からテレパシーを感じる・・・。

ま、お互い頑張りすぎないで楽しくいきましょ・・・。

と返信・・・しておいた。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2010-10-28 09:07 | chanpoke | Comments(0)

冬空

星の瞬きを邪魔していた
雲の群れが
一気に消えて
星たちが姿を現しました。
地上も空もすっかり
冬の気配です。

もう少し、
秋をちょうだいな(^-^)
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2010-10-27 22:52 | 未分類 | Comments(0)

赤信号は

自転車ご利用の皆様

どうぞ
どうぞ

信号機が赤い色になっておりましたら、

どうか
どうか

横断なさいませぬよう

よろしく
よろしく

お願い申し上げます。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2010-10-26 22:30 | 未分類 | Comments(2)

ニットのヘアアクセサリー

いよいよニットの季節がやってきました。
手持ちのカーディガンやセーター、ストールにあわせて
ヘアアクセサリーを作ったりします。

今日は、バラをあしらったコサージュで。
c0054954_21304990.jpg


結構活躍します。
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2010-10-23 21:31 | monopoke | Comments(0)

what can i do for you?

「散歩は、避けてください。家の中の段差にも注意して、
フローリングなどのすべるところもなるべく歩かなくてすむように
安静を保ってください。」


と主治医の先生から言われて4日目。

家の中をマッハ?のスピードで駆け回り、ひいてあった椅子に飛び乗り
テーブルの上の何か?を持ち去ろうとする彼女がいる。



あれは、なんだったのだろう。
体にふれると悲痛な叫びをして、私たちを震撼させた。
抱くこともままならず、
よたよた、ゆっくりと歩く彼女にあわせてやっとのおもいで車にのせて
病院へ連れて行く。
看護助士の方が、診察台に乗せようと抱きかかえるもまたまた悲痛な叫び。

「ん~。
食べることに異常がないのであれば、内臓の病気はまず大丈夫でしょう。
おそらく、腰か首の骨・・・つまりは背骨のどこかに痛みを感じているようです。
痛み止めを注射しますから、一日よく観察してみてください。
場合によっては、MRI検査をして調べてみることになるかもしれません。」

と言われたのが、一日目。
その晩は、まだ元気もなくて寝てばかりいたけれど、痛みがないのか
だんだんと普段と変わらない様子になって・・・調子に乗っている。

翌日、ふたたび診察へ。
前日、先生が触れて
『痛いっ!』と言ったかどうかは、定かではないが
悲痛な鳴き声を出した箇所は、もうどうもないようだ。

とういわけで、
冒頭の先生の諸注意。
1週間、投薬をしながら様子を見る。
安静を保って、痛みがでないようなら精密検査をすることもないだろうと。


chanceは、年末で9才になる。
そりゃ、今までと同じように暴れまわっていたら体にガタもきますよ。
隙あらば2階への階段を駆け上り、お気に入りの私の部屋でお昼寝だ。
階下で食べ物のニオイすれば、弾丸のごとく階段をかけおりてきて
一目散にキッチンへやってくる。
気持ちに体がついてこないよね。
今の気持ちは、私が一番よくわかる。

おとなしく生きていこうよ・・・って
どうしたら理解してもらえるかな。
ビーグルは、関節系の病気にかかりやすいそうよ。
そんなこと君にはわからないものね。
痛みを伝えられない君には、痛みに苛まれてほしくない。

そろそろのんびりライフを歩き始めませんか?
[PR]
by beagle_lovers1130 | 2010-10-22 10:51 | chanpoke | Comments(0)